安全パト 国道20号 下り線 通行止め規制(八王子多摩営業所)



ブリーフィング内容


土屋現場職員より
・作業の概要を説明。
・資材の積込みはしているが、確認を徹底するように指示。
・集合場所での積込み資材の説明。
・迂回路と反転可能箇所の説明。
・何かあった場合は必ず隊長に連絡、体調から土屋又は小坂へ連絡すること。

小坂チーフより
・設置撤去時に雨予報が出ているので手足元に注意し作業すること。
 特に新宿側は下り坂となるため、正対や逃場の意識を高く持つこと。
・無線のやり取りに関してマンション等もちがいため、出来る限りイヤホンを使用し行うこと。
・準備工の際にバスが来る可能性が高く、バス停から規制の先で三車線の横断が発生することを周知。
・閉鎖は時間でスタートではなく、必ず責任者からの指示のうえ行うように指示。

下り班のBF
・隊長から配車と役割を説明。
・看板の設置について、準備工と通行止め規制では看板が変わることを周知。
・準備工終了後は、時間によって一旦退避かそのまま島規制を設置かは変わることを周知。
・通行止め後の迂回路を再確認。
・作業車の反転が横断歩道であるので、その際は歩行者に注意して誘導を。

所感

年1回、3H「初めて・久しぶり」現場のパトロールを実施しました。
営業所でのブリーフィングと準備を終え、集合場所へ移動。
借入する看板や標識の確認を行い、積込みや準備をしていました。
隊長は規制責任者様と詳細な打ち合わせ、特に規制方法について確認を取っていました。
担当の責任者様は年度で変更することもあり、しっかりと手順の確認が出来ていたので
良かったと思います。

例年は下り線の設置から見ていましたが、今回は土屋現場職員に任せ設置後に
下り線のパトロールを行いました。
通行止め規制に関しては概ね良く出来ていましたが、設置後の資機材や荷台の整理が
甘く残念でした。
過去の事故事例や危険性の教育、待機前に確認するように現地での指導を行い是正。
また街路規制の経験が少なくなったこともあり、バリの裏表を知らない隊員もいるため
その場で教育を実施。
営業所によって高速、街路の割合が変わり知らないことも増えています。
今回のような機会や規制訓練で隊員の知識や経験を増やし、質の向上をしていきたいと思います。

〇良点   ・お客様との打ち合わせを手順も含め、しっかりと確認できていた。
      ・借入資材の積込み車両を理解できており、確認も行っていた。
      ・土のう、水のう量に関しては規定通り出来ている

〇是正点  ・荷台整理や使用後の台車の取り扱いについて過去事案を教育し是正
       任せっきりにならないように、待機前に荷台や周辺を見回るように指導
      ・バリに裏表があることを教育し是正


規制に関しては概ね良く出来ていますが、それ以外の部分が課題となります。
ハウスルールの立哨数、今回あった資機材の整理や点検等について日々の送り出しや
安全大会で教育を行い一人一人が責任を持って勤務する環境を目指していきたいと思います。

パトロール実施者:中日本支社 小坂チーフ 
日時:2022年07月16日 23:30~
天候:天気 雨 気温 23 ℃ 湿度 98 %
教育対象者:10 名
(システム推進室 安富)