安全パト 札樽自動車道 上り線 走行車線規制(札幌営業所)


ブリーフィング内容


・各隊員の役割の指示・確認
・予備標識設置個所が線形が悪いため一般車の動向に注意し正対作業の徹底
・飛散防止対策を確実におこなうこと
・各自熱中症対策で水分補給をすること

所感


予備標識の設置個所の線形が非常に悪く、交通量も多い時間帯でしたが上流監視員を確実に配置し
設置作業を行っており監視員の役割の重要性を理解しているように感じ取れました。

ポストインしている半数の隊員さんは経験が浅く心配していましたが、
各自隊長や先輩の指示を聞いて安全に作業がおこなえていたと思います。

【総評】
出発前ブリーフィング時に各々の役割を明確に説明しており、スムーズに設置作業を行っていました。
設置物に対しての飛散対策、荷台の整理整頓(荷台からっぽ運動)も皆が理解し、
漏れなく実施されていました。

トンネル内の延伸設置の際、数名が夜光チョッキを点灯せず作業を行っていたので、
トンネル内のような暗所での作業の場合は、光物が確実に点灯しているか確認してから
作業を行うよう指導しました。

今後も定期的に設置パトロールを実施していき、隊員さんの指導教育に邁進して参ります。

パトロール実施者:札幌営業所 小山チーフ
國塚チーフインターン
日時:2022年06月10日 06:30~09:00
天候:天気 晴 気温 20 ℃
教育対象者:6 名
(システム推進室 安富)