安全部パトロール 中央自動車道 上り線SA・PA業務(甲府営業所)



ブリーフィング内容

【ブリーフィング理解度】

 85%→全体的に丁寧な誘導を行えていた。

【ブリーフィング内容】
 ・各々の役割の説明
 ・誘導する際はなるべく手で行うこと
 ・待機する際は目隠しをすること
 ・体調管理を各々行うこと
 ・基本的に一般車のバック誘導を行わないこと
 ・歩行者優先で業務を行うこと



所感

 今回は、初めての甲府営業所主体のSA・PA業務ということ、それに伴いGWで交通量が普段よりも
多いことからパトロールを実施致しました。現場周辺は県外ナンバーの車両が多く、当該のSA・PA内は
家族連れも多く、人の交差が多々あり事故が起こりやすい場所でした。

 ブリーフィングによる各々の役割の明確化が行われていました。
具体的に、無線のやり取りの確認や各コースの確認、施設案内の方法を打合せ出来ておりました。
特に初めての現場で入念に確認できたことは、
良好点と感じました。交通量に対し適正配置が行われていたことで、
一般車も困らず駐車できていたと感じます。
誘導に関しては、大きくゆっくりとした誘導で分かりやすい合図になっていたと感じます。
SA・PA業務で分かりやすさは重要と感じますので継続していくよう、引き続き教育して参ります。

【総評】

 飛内次長
 資料や熱中症対策対策グッツの用意、
 ブリーフィング時における所長からの説明と指示や所長による現場パトの
 実施等、初日における安全活動に力を入れていた。
 特にブリーフィング時において配置箇所や各自の役割に関して
 隊長からの一方的な指示ではなく、各隊員に出来るかどうかの確認を取っていた点が良かった。
 現場で1時間程度様子を見ていたが大きなトラブルもなく誘導業務を行っており
 安心ラインであることが確認出来た。
 SAPA業務では予想がつかないトラブルが発生することもあるため、
 隊員と定期的なコミュニケーションを図り安全教育の継続をお願いします。

 甲府営業所 坂本所長
GW前半で混雑した中ですが、各現場、事故やクレームをもらうことなく終えられました。今回が
スタートであり、今後継続する現場ですので定期的なパトロールを実施し円滑な業務が行えるよう
内勤でパワーを使いサポートして参ります。




パトロール実施者:安全部 飛内次長 
甲府営業所 坂本所長
阿部職員
日時:2022年05月01日 10:00~14:00
天候: 天気 雨 気温 13 ℃ 湿度 90 %
教育対象者:26 名
(システム課 黒野)